把握しておくべき副作用!知って得する対策をご紹介

把握しておくべき副作用!知って得する対策をご紹介

ED治療薬は「副作用が強い」というイメージを持たれています。
バリフはレビトラの後発薬ですが、副作用はどの程度の症状なのでしょうか。

主に言われる症状は、頭痛・めまい・顔のほてり・紅潮・鼻づまり・まぶしいなど。
効果が現れると同時に起こり、効果がなくなると共に副作用も消えていきます。
症状は軽度で風邪の初期症状にも似ていると言われています。
「まぶしい」という症状は、「青いメガネをしているよう」と青や同系色の識別ができない異常な見え方のケースも。
服用後しばらくは、乗り物や車の運転に気を付けてください。

まれに報告される重篤な副作用があります。
視覚異常・起立性低血圧・持続勃起(勃起機能喪失の恐れあり)など。
持続勃起は別名プリアピズムとも呼ばれていて、ふたつ症状があります。
(1)痛みを伴う勃起が続く
→4時間以上続く場合は病院へ行ってください。
6時間経つと陰茎組織が壊死する危険性があります。
(2)痛みを伴わない勃起
→性的興奮が収まっていない可能性があり、緊急性はないのでしばらく様子をみて判断してください。

副作用は改善できる対策があります。

・頭痛がひどい場合は市販薬と併用してもOK。
→ロキソニン・イブ・バファリンなどの鎮痛剤を、使用してみてください。
・バリフを服用している用量を調節。
用量が合わず多く摂取すると副作用が強く起こる可能性があるため、1錠を半分にカットして少量から試してみてください。
・服薬する時に、コップ半分以上の水を飲むのもオススメ。
胃腸管に接触する薬が全体的に広がりやすくなるため、吸収が促進されます。
副作用を和らげながら作用を促進していきます。

過度の心配せずに副作用を改善できる対策を1度とってみてください。